役員運転手の平均年収と求められること

役員運転手の業務は、企業や公的機関のトップの方を車両で目的地までお乗せする運行業務です。役員運転手の一日は乗る方のスケジュールに合わせて行動することになります。従って、安全運転はもとより、臨機応変に対処できることや時間厳守などの人間性ももとめられます。

役員運転手に求められること

  1. 安全運転
  2. 発信、停止、旋回をスムーズに行う技術
  3. ドアサービスや車両止めの位地などのセンスやマナー
  4. 秘守事項の遵守
  5. 車内の快適さ
  6. 地理に精通していること

車の運転を職業としているからには、安全運転は当然ですが。より高度の運転技術が求められます。お乗せする方は大方、多忙であり、重責を担っている方たちです。急発進、急ブレーキは余計なストレスとなるでしょうし、行先を告げられてから、カーナビで探索するようでは、搭乗者に不安感を抱かせてしまうことになりかねませし、忙しい方の時間ロスにもつながります。車内は、乗る方にとってのリラックスできる空間、もしくは思考をめぐらすことのできる空間であることが理想でしょう。ボディ、車内を常にきれいに保ち、ドアの開閉時のマナーやポジションなどにも気配りができるということも、役員運転手には求められることです。

役員運転手になるには

会社内の人事異動でなる場合もありますし、知人の紹介という場合もあるでしょうが、多くは求人に応募して試験を受けます。企業自体の募集と役員運転手派遣会社の募集がありますが、どちらの場合も資格の基本条件はほぼ同じである。

  1. 運転免許証があること(二種免許があれば尚可)
  2. 過去3年間、事故や違反のないこと
  3. 5年以上、ドライバーの経験があること

未経験可と応募要項にあっても、優先順位はかなり下がると見るほうが良いでしょう。この業種は人生経験の長い方が優遇される傾向にあります。それは乗る方の安心感を重視するからであって、若い人は敬遠されがちのようです。
収入ですが、もちろん会社によって基本給にバラつきはあります。だいたい、18万から23万というところでしょう。その基本給に残業代や早出の手当てがついて、月収で40万前後というところでしょうか。年収にして400万以上という高収入を得られ計算です。

役員運転手の求人は、新聞広告、ハローワーク、求人ナビなどで探せます。初心者には研修制度が設けられている会社もあります。
収入もさることながら、自分のスキルを生かし、VIPと知り合いになれ、仕事ぶり次第では信頼関係も構築されるという遣り甲斐のある仕事なのです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です