役員運転手を正社員にする場合の方法と抑えておくべき制度

役員運転手を雇用する場合、悩まれている事業所は多くあると思います。どんな場合でも社員採用というのは大仕事に違いありません。その中から役員運転手を決めたとしても、それから、役員運転手として機能するには、時間も経費も結構かかります。派遣役員運転手を雇用するにしても、教育費は削除されるけれども、派遣法の制約があるために、適材を得られるとは限りません。ですが、雇用手続きや方法はあります。その一つが紹介予定派遣です

紹介予定派遣とは

正社員雇用を前提として、6か月という期間限定で労働派遣を受け入れるシステムです。この期間内に派遣先である企業と派遣役員運転手が合意すれば、役員運転手を正社員として雇用できるのです。

紹介予定派遣のメリット

  • 通常、役員運転手の派遣を依頼する場合、その派遣される運転手の面接や履歴書提出を求めることはできませんが、正社員雇用を前提とした紹介予定派遣では、事前に面接や履歴書を提出してもらうことができます
  • 6か月という派遣期間内に、役員運転手の会社への適正や技能、役員との相性などを見極めることができますし、役員運転手は自分が就業するのに適した職場かどうか判断できます。
  • 求人広告を出す必要もなく、派遣会社に依頼するだけですので、人材採用に関わる経費や時間が抑えられます。

紹介予定派遣のデメリット

  • 辞退される場合もある。せっかく6か月かけて仕事ぶりを見、気に入ったのに辞退となると1からやり直しになります。辞退理由を派遣元に求めることはできます。
  • 派遣登録をした人材にかぎられていますので、一般的な求人より選択肢が狭い。
  • 正社員雇用が決まると、紹介手数料がかかります。

まとめ

役員運転手を正社員にする一つの方法として、紹介予定派遣という派遣の業務形態を説明させていただきましたが、この形態は、雇用を安定させることと、ミスマッチを防ぐためにあります。ですが、企業側の都合による辞退や、派遣役員運転手の方からの辞退ということもあり得ることです。
企業側が辞退する場合はその理由を派遣元に明示しなければなりません。また、企業側は事前に労働条件や業務内容を提示しなければなりません。

役員運転手派遣という方法もあります!

他には役員運転手派遣という方法もあります。こちらの方法ですと紹介予定派遣のデメリットを解消することできます。自家用自動車管理業ですので、紹介予定派遣の規制もありません。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です