お受験の準備をしよう 家庭教師選びのポイントとは?


憧れている小学校に合格するために「訪問教育や家庭教師の方に自宅で子どもを見てほしい」と考えていらっしゃるご家庭もあると思います。そのためには、どんなことをポイントに訪問教育や家庭教師を選べばいいのでしょうか。

まず一番に考えたいことは「なぜお子さまに訪問教育や家庭教師をつけるのか」ということです。その目的を明確にしたうえで指導を仰ぐことがなりよりも大切なことです。それがはっきりしていなくて「ただ何となく」といったあいまいな場合には、教えてもらうことに意義が見いだせないため、親子ともどもストレスがたまってしまうことに。

「憧れている小学校に合格するため」と目的がはっきりしていれば、どのような訪問教育や家庭教師を選べばいいのかがおのずと絞られてくるはずです。

目的がはっきりしてお願いすることが決まったら、自宅で実際に体験してみることをおススメします。また、その結果、この先生が良いと思ったら、信頼して後は余計な口をださずに、お任せすることが大切なことは言うまでもないことです。

訪問教育や家庭教師の良さはなんといっても、その子にあった丁寧できめ細やかな指導が受けられる点ですが、集団で受けるお受験塾よりも費用が高いこともわきまえておく必要があります。

また、子どものプレッシャーにならないように、子どもの性格に家庭教師があっているか、相性が良いかを判断することも大切です。

子どもをきちんと見守ってくれるとともに、子どもがスランプに陥ったら親身になって対応してくれるかどうかもチャックポイントです。子どもの目線に立ち、子どもに寄り添ってくれる家庭教師なら安心できるし、信頼度もぐっと高くなるはずです。

訪問教育や家庭教師は、コース、受けるカリキュラム、タイプなどによって費用も異なってくるため、支払う費用にどのような項目が含まれているかを確認しておきましょう。

小学校のお受験は親子で乗り切る最初の試練です。訪問教育や家庭教師はいろいろなタイプがあるので、他人の評判に左右されずに自分の目で確かめてうまく活用していくことが大切です。